旅行を快適に過ごすコツ

海外旅行者数の統計と旅行先

旅行を快適に過ごすコツ 最近では、海外旅行へでかけることが当たり前のようになってきました。1970年代には日本人の海外旅行者数は、約2500人程で、海外旅行は夢の一つと考えられていました。1993年には円が100円未満になるといった円高の影響を受け、また翌年の1994年には関西空港が開港、2000年には、海外旅行者の数が17000人まで急上昇しました。

その後2003年にイラク戦争が勃発し、海外旅行者の数は13000人台に落ちたものの、近年では毎年約17000人の日本人が海外旅行へ出かけています。日本人の海外旅行者の増加に伴い、海外から日本への旅行者も増加しています。2003年に始まったビジットジャパンキャンペーン以後、海外からの旅行者が急増し、現在では毎年約8500人ほどの旅行者が世界各国から集まっています。

日本人に人気のある海外旅行先の統計を見てみますと、上位人気は1位のアメリカ本土、続いて2位の韓国、3位の中国に続き、5位はハワイ州となっています。さらに6位以下では、台湾、タイ、香港、グアム、シンガポールと日本から比較的近い海外が人気と言えます。ヨーロッパでは、ドイツが10位、フランスが11位とヨーロッパ旅行は日数が必要になることや、飛行時間も長いことから、最低10日間以上必要になるため、小さなお子様を含んだ家族旅行などでは多少難しいといえるでしょう。そう言った理由からも、短期で旅行ができる近場の海外が人気の旅行先となっているようです。

注目情報